論文集について

「論文集」では、主に、「ライプニッツ研究会」(2007年、第一回研究会 以降)で発表された論文および梗概を掲載しています。

清水 洋貴

Hiroki Shimizu
2009
観ることと、在ること―ライプニッツ『モナドロジー』読解の一つの試み―(発表梗概)
L'idée et l'être―un essai de lecture de Monadologie―(summary)
2008
ライプニッツにおける実体論について 「個体的実体」論から「モナド」論への変化をめぐって
La Substance chez Leibniz―le Passage de la Substance individuelle à la monade―
ライプニッツにおける実体論について 「個体的実体」論から「モナド」論への変化をめぐって (発表梗概)
La Substance chez Leibniz―le Passage de la Substance Individuelle à la Monade―(summary)

山口 裕人

Hirohito Yamaguchi
2008
神と個体との関係について ―ライプニッツとクザーヌス― (発表梗概)
2007
個体化論に於けるライプニッツ (発表梗概)

稲岡 大志

Hiroyuki Inaoka
2009
無限小解析から幾何学的記号法へ ―ライプニッツの「幾何学の哲学」に向けて― (発表梗概)>
From infinitesimal analysis to characteristica geometrica(summary)
2007
ライプニッツの幾何学的記号法の数学的意義 (発表梗概)
Mathematical significance of Leibniz's characteristica geometrica(summary)

田子山和歌子

Wakako Tagoyama
2009
ライプニッツにおける実体の結合Union
Union between Two Substances―Soul and Body in Leibniz―
ライプニッツにおける実体の結合Union(発表梗概)
Union between Two Substances―Soul and Body in Leibniz―(summary)
2008
世界の単純性と多様性―ライプニッツとマルブランシュ―
Simplicity and Plurality of the world−Leibniz and Malebranche―
世界の単純性と多様性―ライプニッツとマルブランシュ― (発表梗概)
Simplicity and Plurality of the world−Leibniz and Malebranche―(summary)
2007
偶然的存在者における「実在の要求」概念
The Concept of Exigency for Existence of Contingent Things in Leibniz
偶然的存在者における「実在の要求」概念 (発表梗概)
The Concept of Exigency for Existence of Contingent Things in Leibniz(summary)

フォヴェルグ・クレール

Claire Fauvergue
2009
ライプニッツの哲学における「解説」の概念(French)
La notion leibnizienne d’« explication »
ライプニッツの哲学における「解説」の概念(発表梗概)(Japanese/French)
La notion leibnizienne d’« explication »(summary)
2008
ライプニッツにおける個性と不安 (French)
Individualité et inquiétude selon Leibniz
ライプニッツにおける個性と不安 (発表梗概) (Japanese/French)
Individualité et inquiétude selon Leibniz(summary)
2007
ディドロの解釈によるライプニッツの不安と個性と完全性の概念(French)
La lecture diderotienne des concepts leibniziens d’inquiétude,
d’individualité et de perfectibilité

藁谷 敏晴

Toshiharu Waragai
2007
ライプニッツ要請 (発表梗概)

飯田隆

飯田隆
2009
2009
ライプニッツの論理学的研究の再評価のために(発表梗概)
Leibniz and an alternative tradition in logic(summary)

橋本由美子

Yumiko Hashimoto
2009
ライプニッツ哲学の個体と世界(発表梗概)
La plurarité chez Leibniz―en comparaison de l'attribut spinozien―(summay)

町田 一

Hajime Machida
2009
ライプニッツの化体論―1668年から1671年まで―

The Young Leibniz's Theory of Transsubstantiation―From1668 to 1671―
ライプニッツの化体論―1668年から1671年まで―(発表梗概)
The Young Leibniz's Theory of Transsubstantiation―From1668 to 1671―(summary)
2008
ライプニッツにおける自然学的必然性 (発表梗概)
Phisical Necessity and Miracles(summary)
2007
判断保留 ―ライプニッツにおける無差別― (発表梗概)
The Suspension of Judgement―Leibniz on Indifference―(summary)

長綱啓典

Keisuke Nagatsuna
2009
ライプニッツにおける神の正義の観念―悪の容認の問題を手引きに―(発表梗概)
Die Idee der Gerechtigkeit Gottes bei Leibniz(summary)
2008
ライプニッツにおける純粋愛の問題 (発表梗概)
Das Problem der reinen Liebe bei Leibniz (summary)
2007
ライプニッツにおける道徳的必然性の概念
Der Begriff der Moralischen Notwendigkeit bei Leibniz
ライプニッツにおける道徳的必然性の概念 (発表梗概)
Der Begriff der Moralischen Notwendigkeit bei Leibniz (summary)

松田 毅

松田毅
2009
「ライプニッツの原因概念の現代的意義―D.ルイスの分析を手がかりに―」(発表梗概)
Actual Significance of the Concept of Causation in Leibiz in connection with David Lewis(summary)
2008
二つの個体概念 ―ライプニッツとスピノザ― (発表梗概)
Two Concepts of Particulars―Leibniz and Spinoza―(summary)
2007
自然法則の偶然性と「因果性」の分析 ―ライプニッツの知識論の一視角― (発表梗概)
Contingency of Events and Contingency of Natural Laws:
A Consideration from Leibniz’s Definition about Causation(summary)

酒井 潔

Kiyoshi Sakai
2009
ライプニッツのres-ratio-signum(発表梗概)
2007
ライプニッツのcaritas 概念
ライプニッツのcaritas 概念 (発表梗概)

佐々木能章

Yoshiaki Sasaki
2009
予定調和の綻び─ライプニッツのリスク管理論─(発表梗概)
Risk Management by Leibniz(summary)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。